マキコのブログ

〜 Life is Beautiful 〜

人気声優歌手の水樹奈々自叙伝「深愛」泣けます

投稿日:

大人気声優及び歌手として第一線で現在も活躍し続けている水樹奈々さん。

実はこのブログ内で今まで1度も公表をしたことがありませんが、私は彼女の大ファンです。ちなみにファンクラブにも入っております。
今は大ファンですが、最初彼女を知った時は何となく少し苦手でした。
ライブで大きいリボンを付けていたり、何となく媚びている様に見えてしまったり‥
けどどこか彼女に惹かれる部分が合って毎日の様に歌を聴くようになり、彼女のライブ映像やラジオを聴く度、少しずつ自分の中で苦手な感情が変化していきました。
最終的には彼女の歌や映像を見ないと落ち着かない、関東でライブをやる時はライブも参戦する!という感情に変わり、今では奈々さんの事が大好きです。尊敬しています。

スポンサーリンク

ad1

キッカケは2011年に発売された自叙伝「深愛」

この本を読んで彼女に対する見方が180度変わりました。
幼少期から歯科技工士を務める父の仕事場で365日休むことなく毎日レッスンを繰り返して「演歌歌手」を目指す日々。
放課後は友人と寄り道することや居間でおやつを食べることすら許されなかったとのこと。
他の子と違う。勉強も出来る優等生。のど自慢にも出ている。それを面白くないと思った同級生からのいじめ。
そんな中でも登校拒否もせず、中学を卒業し、同時に生まれ育った愛媛県を離れ、単身上京をして弟子入り。
堀越高校芸能コースへの入学。すべてが順風満帆かと思われた矢先の所属事務所の倒産、貧乏生活‥そして最愛の父との別れ。
本には彼女のありのままが綴られていました。

正直、私が思っていた以上の内容でした。私は彼女を誤解していました。この本を読みながら何度も涙を流しました。
15歳で親の期待も背負って、一人で東京に出てきてどんなに心細かっただろう。思春期の女の子がボイストレーナーの先生の自宅に下宿をして
セクハラまがいのことが繰り返されたら、恩義を感じていたとは言え、その時点で田舎に帰ってしまう人だって沢山居ると思う。人はそんなに強くないから。
けど彼女は決して逃げなかった。

そして、彼女は紅白連続6年出場。声優初の東京ドームを成功、今でも多くのファンに勇気と感動を与えてくれている素晴らしいアーティストになりました。

前向きで頑張り屋で生きる強さに溢れていて、彼女は年々劣るどころかむしろどこまで進化するの?!という位、楽曲、歌唱力ともに成長を続けています。
そして彼女の歌に対する誠実さが、楽曲からしっかり伝わってきます。


深愛 (しんあい) (幻冬舎文庫)

ファンでなくても是非読んで欲しい一冊

私は彼女のファンだから褒めているわけではありません。
私自身も歌手・女優を目指して、レッスンや練習に毎日明け暮れていた日々がありました。いつか売れる日を目指していたわけです。
その中で「テンポがずれている!こうだよ」と太ももを触られたり、
いわゆるお誘いみたいなのもあったり(私はどうしても勇気が出なかったので1度も誘いには乗りませんでしたが)
結果的にそれがあったからとかでは無く、全く別の理由でその夢とはおさらばして、結婚して普通の主婦になりました。それに対して全く後悔はしていません。
ただ、かつて自分がなりたかった夢を、色々乗り越えてしっかり叶えた彼女に心から尊敬をしています。

この本は彼女のファンでなくても一度は読んで欲しい一冊です。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

ad1

ad1

-

Copyright© マキコのブログ , 2018 AllRights Reserved.