マキコのブログ

〜 Life is Beautiful 〜

お出かけ日記

1泊2日で行く京都桜の旅!金閣寺編

投稿日:

さて今週は京都旅行話を更新しております。
昼食を食べ終え、向かった先は金閣寺

金閣寺とは応永4年(1397年)、室町幕府3代将軍・足利義満が
造営した北山殿を起源とする寺院。

スポンサーリンク

ad1

舎利殿(金閣)
釈迦の遺骨(舎利)を納めることから舎利殿と呼ばれているそうです。

右端の方、少しだけ桜が咲いているのが見えるかと思いますが、
金閣寺で見かけた桜はこちらの一箇所のみでした。


黄金に輝く建設美が美しいです!
ちなみに周囲の池は、鏡の様に金閣を写し出すということから
鏡湖池(きょうごち)という名前が付いたそうです。

建物自体は昭和25年(1950年)に放火により焼失したため、
現在の建物は昭和30年(1955年)に復元されたとのことです。

雪化粧をした金閣寺も美しすぎる!と冬の金閣寺も評判が良いのでいつか行ける機会があれば行ってみたいです。
寒いのは苦手ですが(笑)

一番のメインである舎利殿の見学を終えた後もお寺の境内を散策。

陸舟の松(りくしゅうのまつ)

こちらの松は、京都三大松に数えられる樹齢600年以上の松。
広げた枝が帆舟のような形になっていることからこの名前が付いたそうです。
西方浄土へ向かう船をイメージしたため、枝の先端が西に向いているとのこと。

言われてみれば船の形をしていますね!面白いです!

銀河泉
義満公 御茶の水

巌下水(がんかすい)
義満公 お手洗いの水

お手洗い=トイレかと一瞬勘違いしてしましましたが、
文字のごとく手を洗う場所だったそうです。

スポンサーリンク

ad1

龍門の瀧
鯉魚石(りぎょせき)

高さ2.3mの滝。
滝を昇りきった鯉は龍に変身するという中国の故事「登竜門」が由来。
出世のご利益があると伝えられている場所だそうです。

白蛇の塚

白蛇は神様の使いとも言われていて、とても縁起が良いとのこと。
写真の右下の様にお賽銭を投げ入れる人も沢山居るそうです。

近くから見る金閣寺も良いですが、
こうして坂を登った後に見える金閣寺も素敵ですね!

夕佳亭(せっかてい)

こちらは茶室として使われていた場所。
日に映える金閣がい(よい)という意味を込めて
夕佳亭と言う名前にしたそうです。

出口が見えて来ました!

京都に来たら必ず行きたいお寺NO.1とも言われているだけあって、
大混雑でした。
外国人観光客や修学旅行生が多かった気がします。

私も中学生の頃の修学旅行で金閣寺に行きましたが、
大人になって再訪するのも良いですね!

さて金閣寺の拝観を終えてバスに乗り、次に向かった先は‥


ここから今回の旅の最終スポットへと向かいます。
続きはまた次回!お楽しみに♪

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク

ad1

ad1

-お出かけ日記

Copyright© マキコのブログ , 2018 AllRights Reserved.