マキコのブログ

〜 Life is Beautiful 〜

テレビ番組

水曜ドラマ「母になる」第1話、第2話のあらすじ、感想をまとめてみた

投稿日:

2017年4月!春ドラマが続々とスタートしております!
恋愛ものから探偵ものまで幅広く見ているドラマ好きな私ですが、その中でも今期注目しているドラマがこちら!

2017年4月12日からスタートしているドラマ「母になる」

主演は沢尻エリカさん、藤木直人さん、中島裕翔さん、道枝駿佑さん(関西ジャニーズJr.)、
風吹ジュンさん、板谷由夏さん、小池栄子さん、浅野和之さん、高橋メアリージュンさん‥他

 幸せな生活から一変、3歳の息子が誘拐される

結衣(沢尻エリカ)は両親を亡くし、北海道から上京。勤務先の書店にて専門書を購入しにやって来た柏崎陽一(藤木直人)と出会い、やがて恋に落ちる。
2人は順調に愛を育み、結衣のお腹には小さな命が‥。
妊娠をキッカケに結衣と陽一は結婚。そして出産。二人の間に生まれた子供は男の子。名前は柏崎広(コウと読む)と名付けた。
陽一の上司である西原教授(浅野和之)もキャリアウーマンである莉沙子(板谷由夏)と出来ちゃった結婚をする。
柏崎陽一(藤木直人)は、大学の非常勤講師から准教授へと出世し、幸せな生活を送っていた。

その頃、連続幼児連れ去り事件が多発し世間を騒がしていた。
広が3歳になったある日、結衣が少し目を離した隙に広は居なくなってしまう。

広を連れ去った犯人は陽一のゼミの学生、渡良井(吉村界人)だと判明。
就職活動が上手くいかず、陽一にゼミに残りたいと志願するも話を聞いてもらえず、恨んでいたとのこと。
しかし予想外に大事(おおごと)になってしまったため、警察に捕まりそうになり、広を何処へ連れ去ったのか明かさないまま、
渡良井は飛び降り自殺をしてしまう。

その後、川で広の衣服や靴が見つかったが、広の姿は見当たらなかった・・

9年後の再会

結衣と陽一はこの事件をキッカケに離婚し、9年の月日が経っていたある日、結衣のもとに児童福祉司の木野愁平(中島裕翔)から連絡が入り、
児童養護施設に息子の広が居るとの連絡を受け、結衣はすぐさま会いに行く。
そして結衣は12歳になった息子の広と再会し、強く抱きしめる。
しかし広には別の「ママ」の存在があった‥

ここまでが1話のお話です。では2話のあらすじもこのまま書きます。

スポンサーリンク

ad1

失った時間を埋めるかのような結衣にとっての幸せな日々

息子の広と再会後、結衣は施設に電話をして広と話をするように。
広が結衣のアパートを訪ねて、「お母さん」と、たくさん呼んでくれたり、
とある勘違いから作ったツナサンドでさえも「美味しい!こんな美味しいの初めて食べた!」と喜んでくれたり。
失った時間を埋めるかのように結衣は幸せを噛み締めていた。

陽一のもとにも広が生きているとの知らせが入る

離婚後、引きこもり生活を送っていた陽一がある日コンビニに向かおうとしたところ児童福祉司の木野に声を掛けられた。
木野からDNA鑑定の結果を見せられ、広が生きていることを知った陽一。同時に結衣がDNA鑑定後、先走って施設を押しかけて広に会っている現状も聞かされる。
引きこもりの陽一の世話をしていた琴音(高橋メアリージュン)が、「9年前に連れ去られた子が全く気付かれずに施設で生きていたということ?」と、木野に疑問を問いただすと、
木野は口ごもりながらも、施設に預けられたのは2年前で、誘拐後から7年間の空白の期間は調査中であることと、とある手紙がきっかけで調査を始めたという旨を伝える。
ちなみに母親である結衣はまだこのことを知らない。

一通の手紙

陽一は結衣に連絡し、陽一も広と再会。陽一が広に手紙を見せて欲しい。と伝えると、広は困惑してしまう。
別室に入り、結衣が「手紙って何のこと?」と木野に問い詰めるも、木野は言葉を濁していた。
そこに広の児童福祉施設の先輩の田中が、広の代わりに手紙を持ってきた。

どうせいつか分かる事だし。と言い広が手紙を渡してくれたのだと言う。

しかし、その手紙に書かれていた内容は衝撃的な内容だった‥。

スポンサーリンク

ad1

育ての母親、麻子こそが広にとっての母親

手紙に書かれていた内容は、育ての母親の麻子(小池栄子)が広に宛てて書いた手紙。

そこにはお母さんと名乗る知らないおばさんが現れた時の綴りが書かれていた。
「一つ、ママはママじゃなくなる時が来ます。一つ、その時はちゃんとご挨拶をするのよ。お母さん、会いたかったって。できたら涙ぐんだりするのもいいかもしれない。」
「一つ、相手はいきなり抱きしめてくるかもしれない。嫌がらずにじっとしていること」
「お母さん、お母さんって、甘えた感じで何度も言ってあげると良いと思います。」
「何を出されても、おいしいと言って食べなさい。こんな美味しいもの初めて食べたと言って喜びなさい」
「ママが作ったカレーやコロッケや魚の煮つけが好きだったことは、ママとコウだけの秘密です。ママとコウだけの秘密はたくさんあるよね?忘れないでね。」
などなど‥。

9年前のある日、OLの麻子はアパートに帰宅後、隣の部屋から不審な声が聞こえることに気付いた。
隣の部屋を訪ねてみると、ドアに鍵がかかっておらず開けてみると‥そこに居たのは広だった。

なんと麻子は広を発見するも警察に届けることなく、自身で7年間の間、広を育ててしまったのだ!
そう‥広にとっては、産みの親である結衣は知らないおばさん育ての親である麻子こそが広にとっての母親だったのです。

第1話、第2話を見た感想

2話分まとめて紹介したので、長くなってしまいましたがこのドラマのテーマは非常に重たいですよね。
息子を失った悲しみに暮れた9年間を過ごした両親と、3歳~10歳というちょうど大事な時期に側に居て育ててくれた母親。
広くんにとっては、育ての母親の方が大切に思えるという気持ちも分かりますし、居なくなった息子をずっと探していた両親の悲痛な思いも分かります。
またなぜ育ての親である麻子が、突然広くんを施設に預けて失踪したのかも気になるところではあります。
難しいテーマではありますが、今後の展開が気になりますね。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク

ad1

ad1

-テレビ番組

Copyright© マキコのブログ , 2018 AllRights Reserved.