マキコのブログ

〜 Life is Beautiful 〜

お出かけ日記

新江ノ島水族館に行ってみた~相模湾・うおココロ・フィンズ・シラスサイエンス編

投稿日:

今日から世間ではGW!
我が家では28日、1日早いお出かけに行って来ました。

今回向かった先はこちら!
新江ノ島水族館

江ノ島水族館が2004年にリニューアルされて「新江ノ島水族館」になり今年で13年。
子供の頃から母親や父親ともよく行った思い出の場所です。
今回は10年ぶりに足を運ぶことに。
大好きな場所なのでブログも何回かに分けてじっくりご紹介させて頂きますね。

まずはこちら!

三浦半島先端の城ケ島から伊豆半島基部の真鶴岬以北にかけての海域が相模湾です。
簡単に言うと、鎌倉、江ノ島、茅ヶ崎など湘南の海=相模湾ということになります!

こちらは岩礁水槽

下の写真はオオエダキサンゴ

えのすい(新江ノ島水族館の略名)では、特製ジュースを与えているそうです。

水深100mを超える深海にはこんな大きなカニもいるそうです。

ちなみにタカアシガニは相模湾だけでなく、駿河湾周辺でも漁業が行われているそうで、
塩茹でや蒸しガニ等食用としても親しまれているそうです。
機会があれば食べてみたいですね!※水族館のカニは展示用なので食べられません(笑)

スポンサーリンク

ad1

相模湾ゾーンを鑑賞最中ではありますが、ショーの時間が来たので、観にいくことに

フィンズ

えのすいトリーター(飼育スタッフ)が水中カメラを通して、上記のモニターに魚を映し出し、魚を紹介するショーです。
なかなか間近で見ることの出来ない魚に迫ったり、日中は隠れていて見えない紹介したりと来場者であるゲストと魚たちをつなぐショー。
お魚クイズもあるので、遠足に来ていた沢山の小学生や社会科見学の中学生も大喜びしていました。

相模湾ゾーンで行われているもう一つのショーはこちら。

うおココロ

こちらのえのすいトリーターが抱えている魚は‥

ウツボです!

ウツボと言えば狂暴なイメージがありますが、何もしなければ本来はおとなしいのだそう。
とは言ってもこんな風に抱きかえるなんて絶対無理ですよね。
ウツボと仲良くなれるトリーターさん、凄すぎます!

確か、トラウツボって名前だったかな。それにしても凄い!

次に連れて来た魚は‥

サメです!

ウツボに続き、今度はサメを連れてくるとは、トリーターさん凄すぎます!

毎日えのすいのトリーター(飼育員)さんが、真剣に魚と向き合っているからこそ、
このようなパフォーマンスを披露できるのだと思い、感動しました。

スポンサーリンク

ad1

湘南の特産品と言えばシラスが有名です。

えのすいでは、地元特産物のシラスが成長してカタクチイワシになる様子が展示されています。
シラスは衝撃や水質の変化に弱く、繁殖が難しいとのことですが、えのすいは国立研究開発法人の水産研究・教育機構の指導を受け、2013年に繁殖に成功し、
2014年世界初の「シラスの展示」に成功しました。
2017年3月15日からは水槽の数も増やし、展示がリニューアル。

私達の食卓で見かけるシラスはふ化後、約30日のシラスだそうです。
下のシラスは約45日後のシラス。

繊細なシラスの時期を経て、立派なカタクチイワシに成長。

シラスの生育を通して、普段何気なく食べている私たちの命を支えている、食べ物となった生き物への感謝。
こういうことを学ぶことって凄く大切なことだな~と思いました。

少し長くなってきたので、続きはまた次回ご紹介させて頂きます!

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク

ad1

ad1

-お出かけ日記

Copyright© マキコのブログ , 2018 AllRights Reserved.