マキコのブログ

〜 Life is Beautiful 〜

歯の健康は心の健康に繋がる

良い歯医者さんの選び方とは(衛生面編)

投稿日:2016年10月21日 更新日:

私は今まで10箇所以上の歯医者さんに相談も含めて通いました!
初診で辞めた歯医者さんも合ったので、具体的な数は覚えていません。
少しでも参考になるお話があればと今後も少しずつお話する予定です。
本日はこちら!

衛生面

これ、すごく大事です。
20代始めに当時通院していた歯科の治療に疑問があり、転院しました。
地元の良い歯医者さんとして、地域情報誌にも載っており、土日もやっているなら、良いかも♪と気軽な気持ちで転院しました。
まず、最初に思ったのが、個人病院にしては患者さんの来ている人数が多い。
情報誌や駅の看板にも掲載されていたし、人気な歯医者さんなんだなぁと思う反面・・
さばききれるのかなぁ??という疑問。
しかも、受付が混み合っている??
治療続けても痛くて、腫れが引かない。
毎日通っているのに痛みが増している。
などと訴えている患者さんが続出。
これはやばい歯医者ではないかと疑いつつも、せっかく見つけたのだし、たまたまだよねと中に案内されて診察台に座ると…
洗面台が汚い!!!!
前の人の血残ってますよーー(O_O)
もう1つ疑問…
紙コップ変えたのかなぁ???

血は付いていないけれど、変えていない感じがするのは気のせいかしら??
歯科助手のバイトをやっていたので、こういうところ凄く気になるんですよ・・
普通は洗面台も洗い流して確認するし、コップも汚れていようがいまいが必ず変えなさい。
と指導(というより当たり前な?)を受けていたため、これは気になるんですよ!!
そんなこんなで先生と初対面!
先生の雰囲気はあまり覚えていないけど、当たり障りのない感じの先生だったかな??
レントゲン撮影後、「ではすぐ神経を取りましょう」という話になり、神経処置を終えその日は帰宅・・
それからその歯医者に通うようになったのですが
神経を取ったはずなのに、痛みがあり・・しかも激痛。
あまりにも状態が酷いので、歯科に相談したら
「もしかしたら細菌が入ってしまったかも」「毎日消毒に通ってください」とのこと
神経の治療なので、こういう事もあるかもと思った矢先・・とんでもない光景が
それはある日の治療中の事です。
「ちょっとお待ちくださいね」といい
先生が別の患者さんの診察に移動したのを見て
あれ??もしかして私の口の中を触ったそのゴム手袋のまま新しい患者さんのところに行った?
しかも治療始めてる??思いっきり削っているじゃないですか!!!
結局先生は10分くらいその患者さんに付きっきりで、
「お待たせしてすいません」と戻ってきたのですが・・・
うん。明らかに手袋変えていない。
私は見てしまいました。
先生は手袋を付けたまま、さっと水で洗って、そのまま私のところに戻ってきたところを。
そうなのです。
ゴム手袋を交換せずに、水洗いのみで、治療する先生がここに居たのです。
これってかなり危険です!!!!!
もし、他の患者さんが何らかの感染症にかかっていた場合、院内感染をしてしまう恐れもありますよね・・
私はこの日を境に、他院に移動し、順調に回復し、ここの歯医者で抜髄した歯は無事治療が終わりました。
私が歯科助手の仕事をしていた時は当然、患者さんごとに手袋はしっかり変えていましたし、血液以外にも睡液なども付くのだから当然だと思っていましたが、そういう先生ばかりではないのだなという事も分かりました。
良い歯医者さん選びでやっぱり衛生面
をチェックする事は必要不可欠です!!
・洗面台に血は?
・紙コップは使い回してない?

・ゴム手袋を患者ごとに変えている?

更に言えば・・タービン(歯を削っているおなじみの器具です。)が減菌されているかどうかも本当はチェックしたいのですが・・
タービンを使用後、アルコール綿にてキュッキュッと拭いて、次の患者にという歯医者さんもどうやら多いみたいなのです。
私の以前勤めていた歯科もタービンに関しては基本的にアルコールで拭くのみで、減菌をするのは午前と午後の1回ずつのみでした。
この減菌に関しては歯医者さんのHPなどで、当院では患者様ごとにタービンを変えています!としっかり記載している歯医者さんもありますので、気になる方はそのような歯医者さんに行くのもアリかもです。
後は確実に減菌されたばかりであろう朝一か午後一を狙うか・・
あなたの歯医者選びの参考になれば幸いです。
次回もお楽しみに(^^♪
にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

ad1

ad1

-歯の健康は心の健康に繋がる

Copyright© マキコのブログ , 2018 AllRights Reserved.