マキコのブログ

〜 Life is Beautiful 〜

歯の健康は心の健康に繋がる

歯の神経を抜くという事

投稿日:2016年11月16日 更新日:

本日私事ですが、悲しい事に右下の奥歯の1本、歯の神経の処置をしました。
実はこの歯は、虫歯の治療を終えてインレー(歯の詰め物)まで終えていた歯でした。。
治療が終わった後も痛みが取れず…食事だけでなく、日常生活に支障をきたす程の痛みでした。
担当医とも話し合った結果、インレーを外し、歯の神経を取り、根管治療という流れになりました。
歯の神経を抜くと今後どの様な事が起きるのでしょうか??
そのメリットとデメリットをお伝えします。

メリット

虫歯の痛みを感じなくなる

そもそも神経処置が必要な場合というのは、痛み止めも効かない位の激痛。噛んだ時に強い痛みがある。冷たいものだけでなく温かいものまでしみる。など、症状が酷い場合に行います。
神経を抜くという事は感覚が無くなるということ=虫歯の痛みは感じなくなります。
もう一つ、虫歯の進行を抑えることが出来るという点もメリットになると思います。

デメリット

歯の感覚が無くなる

人間には神経があるおかげで、痛みを感じたり、熱いものを飲んで熱いと感じ、冷たいものを飲んで冷たい。と感じる事が出来ます。
という事はその伝達機関である神経が無くなってしまったら?
万が一、虫歯が出来たとしても、歯に感覚が伝わらない為、虫歯の進行に気付く事が出来ず、気づいたころには手遅れ・・つまり抜歯。という事にもなりかねないのです。

歯の色が変色する・もろく割れやすい歯になる

歯の神経を抜くとその歯は死んでしまいます。死んでしまった歯は?新陳代謝が無くなり、古い組織だけがそのまま残ります。
その残った組織が黒く変色していきます。
歯が死んでしまったという事はその歯には栄養が行き届きません・・したがってもろくなり、割れやすい歯になってしまうのです。

治療期間の長期化・金銭面での負担

歯の神経の治療が始まると再感染を防ぐため、治療回数が多くなります。
更に治療後の被せものをセラミックにするかどうか。など金銭面への負担も増えていきます。

再治療の可能性

歯の神経を抜いたからといって、その歯は一生痛まない。という訳ではありません。
根幹治療後、感染治療を起こし、再治療の可能性も。
再治療の場合には長期化するケースもしばしば・・
私は根幹治療後の再治療に1年半以上の期間を費やしました・・

物事にはメリット、デメリットがあります。
この記事を読んだからと言って、神経を抜くと後々歯を抜かなきゃいけなくなる!なら一層この激痛を我慢する!
という事はダメです。
もしかしたらその歯は神経を抜かなければいけないほど、酷い状態という可能性もありますので。
必ず主治医と相談して、慎重に決めて下さい。

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

ad1

ad1

-歯の健康は心の健康に繋がる

Copyright© マキコのブログ , 2018 AllRights Reserved.