マキコのブログ

〜 Life is Beautiful 〜

歯の健康は心の健康に繋がる

寒くなると歯が痛くなる?

投稿日:2016年11月22日 更新日:

朝晩が冷え込むにつれて、本格的に寒い日も増えて来ました。
皆さん、体調は崩されていませんか?

実はこの時期、歯がしみたり、歯茎が痛んだりと虫歯では無いのに歯の不調を訴える人が増える時期でもあるのです。
その原因を説明します。

1. 歯のくいしばり

寒さに耐えようと、寝ている間に無意識のうちに歯のくいしばりを行ってしまったりする事があります。
その結果、朝起きてみたら歯が痛む事があります。

2. 象牙質知覚過敏(ぞうげしつちかくかびん)

寒くなると、冷たい水でうがいをする時に歯がしみて
虫歯なのか?と疑い、歯医者に行かれる方も少なくないのではないでしょうか?
しかし実際は歯の表面にあるエナメル質が削られることにより、象牙質が露出してしまうという知覚過敏が原因の場合もあります。
この象牙質というものがむき出しになってしまうと、歯の神経に繋がっている象牙細管と呼ばれる穴まで露出してしまうのです。
歯の神経というのは痛みを感じたり、冷たいもの飲んで冷たいと感じたりする伝達機関です。
その神経に繋がっている穴が露出、むき出しの状態になってしまったらどうなるでしょう?
エメラル質という歯の表面を守ってくれるものが削られて、むき出しの状態になってしまうと
冷たい風や冷たいもの、熱いものなど刺激が穴から入り込んでしまい歯がしみてしまいます。

3. 虫歯である

知覚過敏だと思っていたら、実は虫歯が出来ていて、かなり進行していた為、痛みを伴っていたというケースもあります。自己判断は危険ですね。
歯は一生の宝です。
歯が悪くなるだけで、本当に医療費がかさみます。
少しでも異変を感じる事が合ったら、悪化する前に必ずお近くの歯医者さんに相談してください。
ちなみに歯医者さんの定期健診は3ヶ月~半年に1度がオススメです。
出来れば3ヶ月に1回が望ましいかと。
歯の健康は心の健康にも繋がり、やがて歯だけではなく全身の健康にも関わってきます!

歯を大切に(^^♪

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

ad1

ad1

-歯の健康は心の健康に繋がる

Copyright© マキコのブログ , 2018 AllRights Reserved.