マキコのブログ

〜 Life is Beautiful 〜

健康な体を作る

マスクは風邪予防になるのか?!

投稿日:2016年12月5日 更新日:


12月になり本格的に北風が冷たい季節になって来ました。
私はこの時期、外出する際には必ずマスクを着用します。
もちろん、マスクをしていても細菌やウィルスを防ぐ効果は無いから無意味だ!という意見もあります。
しかしマスクはしないよりもした方が結果的に風邪予防に繋がります。
マスクを着用する根本的な理由それは、風邪を引いている人が咳やクシャミなどの細菌やウィルスをばら撒かない為です。
風邪の原因となる細菌やウィルスは飛沫(ひまつ)感染により、鼻水や唾液と一緒に飛び散ることで感染します。
マスクをする事によって鼻水や唾液が飛び散るのを防いでくれるのです。
その為、他人に風邪を移さない方法としては十分予防効果はあると思います。

では、風邪を引いていない人は着用しなくても良いのか?という事ですが・・
風邪を引いていない場合でもマスク着用は風邪の予防効果はあります。
風邪の原因となる細菌、ウィルスが好む環境があります。それは、乾燥です。
そこでマスクを着用すると、呼吸に含まれている湿気や暖かい空気がマスクの外へと逃げていくのを防いでくれます。
つまり保温・保湿効果が期待できるのです。ちなみに美容にも良いです。
その為、鼻の中や気管支に風邪の細菌やウィルスが繁殖しにくい環境を作る事が出来る為、
結果的に、風邪予防に繋がります。

マスクの効果的な付け方

・使い捨てマスクは毎日変える
・鼻と口をしっかり覆う、鼻が完全に出ていては予防になりません。
・サイズは自分のサイズに合ったものを。
女性や子供は少し小さめのサイズが売っていると思うので、ピッタリするものを使いましょう。

マスク以外にも手洗い・うがいも十分効果的です。
これからインフルエンザや風邪の流行が更に加速化していきます。
特に人混みに出る際には、出来るだけマスク着用を心掛ける事をオススメします。

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

ad1

ad1

-健康な体を作る

Copyright© マキコのブログ , 2018 AllRights Reserved.